ネイリストが独立する時に、やはり気になるのは開業資金です。
一番費用がかからないのは自宅サロンですが、この自宅サロンでもどれくらいの開業費用がかかるのでしょうか?

自宅サロンやマンションの1室、ビルのテナントを借りる方法などいくつかの開業方法別の開業費用について紹介します。

自宅サロンの開業資金の目安とは?

もっとも初期費用がかからないのが自宅サロンです。
自宅を利用してサロン運営を行うため、店舗物件を借りる際に必要になる毎月の家賃、敷金・礼金、水道光熱費が一切かかりません。

開業に必要なものとしては、作業用の机と椅子、そして顧客用の椅子です。
これら家具はお店でも揃いますし通販で購入する事も可能です。
顧客が座るための椅子は、ちょっと値の張る物を購入すると落ち着いて施術を受けてもらえますね。
自宅サロンを開業するために必要な資金は椅子や机、ネイルグッズの購入費用、内装の改装費、チラシ作製代、ホームページ作成費用、名刺作成に関わる費用など合わせて約50万円前後が目安となります。

自宅改装費がかかる場合は、さらに開業費用がかさむ事もありますが、一番費用がかからないのがこの自宅サロンです。

マンションやビルのテナントで開業するケース

マンションを借りて営業する場合は、駅チカ物件や大きな通りに面した物件など便利な立地にお店を構える事ができるのが強み。
立地条件もありますが、マンションの1室で開業する場合は、敷金・礼金、その月の家賃などで約30万円前後の費用がかかります。

さらに自宅サロン同様、作業用の机や椅子は購入しなければなりませんし、ネイルグッズの購入費や内装の改装費用などで約20~50万円前後の費用はかかるとみておきましょう。
それ以外にも広告費用など入れると、全部で約100万円前後の初期費用がかかることもあります。

女性が100万円もの費用を一度に用意するのは大変なので、マンション1室をほかのネイリストやエステティシャンとシェアする方法もあります。
初期費用が100万円かかるとしても、2人のネイリストとシェアすれば半分の費用ですみます。

マンションをシェアしてネイルサロンを営業したいときは、インターネットでマンションの1室をシェアしましょうと呼びかけたり、ネイリストの求人を上手に使って告知すると良いですね。

実際にマンションを3人のサロンオーナーでシェアしている事例を見た事があります。
開業資金が少ない時や、自宅をサロンにしたくない時には有効な方法と言えるでしょう。

  • 1