・自宅開業ネイリストが増えています

ネイルサロン開業は、開業届を出すだけでOK!
そのため、自宅にスペースがあるという場合には、明日からだってオープンできちゃうんです。
使っていない部屋や、ちょっとしたスペースをネイルサロンにすれば、家賃がかかりません。

そのため、外で開業した場合よりも、自分自身の収入を増やすことにつながりますよ。
女性一人で始める場合、
「トラブルが起きないよう女性専用サロンにする」
「セキュリティ対策を万全に行っておく」
といった配慮も欠かさないようにしましょう。

画像出典元:http://www.takahashi-k.ne.jp/t_s-club/tsblog/2014/01/post-162.html

・自宅サロン以外の開業形態は?

ネイルサロンの開業形態は人それぞれ。
親せきや知人の自宅を間借りしているケース。

美容院やエステサロンから場所を借りているケース。
ワンルームマンションなどを借り、仕事場にしているケース。
店舗は持たず、出張サービスでネイルを行っているケース。
など、幅広い働き方ができますよ。
「自宅開業+出張ネイリスト」
「平日は自宅開業+土日は美容院で間借り」
のように、複数の形態を同時にこなしているネイリストも多いですよ。

ネイルサロン開業で大切なのは、自分が一番輝ける場所を見つけること。
どの方法であっても、事業主であることは変わりません。
屋号へ誇りを持ち、丁寧なサービスを心がけていきたいですね。

画像出典元:http://www.nailist-jobs.jp/

  • 1